セーリングワールドチャンピオンシップ 470級

By | 2018/08/12

DSC02168DSC01685-2 CH6I6175-2

デンマークオーフスで行われた、世界選手権が終了しました。
4年に一度のオリンピック出場国枠のかかるこのWorld Sailingのワールドは、軽風ー中風に終始したシフティでトリッキーな難しい海面で行われました。

期待された日本チームの力は炸裂し、女子吉田/吉岡組(ベネッセ)が優勝、男子磯崎/高柳組(SPN)が銀メダル、岡田/外薗組(関東自動車)が6位、土井/木村組(アビーム)10位と日本セーリングチーム史上、過去にない快挙といえる成績で幕を閉じました。

これにより、日本470チームの実力を世界に強くアピールすることになり、東京オリンピックに期待が大きく膨らみました。

トップ10のノースジャパンのセールのシェアーは 男子80%、女子90%でした。信頼の証です。

上位5チームの接近したスコアーで始まった最後のメダルレースでダブルスコアーのため、大きく順位のいれかわりがあり、優勝候補と期待されたAUSの Mat/Will.と SWEの Anton/Fredrik はそれぞれ4位、5位に甘んじました。

470 Mens Results

logo_small 2 JPN7
Tetsuya ISOZAKI /Akira TAKAYANAGI
60p
logo_small 3 ESP 44 Jordi XAMMAR / Nicolas RODRIGUEZ 62p
logo_small 4 SWE349
Anton DAHLBERG / Fredrik BERGSTRÖM
64p
logo_small 5 AUS 11
Mathew BELCHER / William RYAN
65p
logo_small 6 JPN 20
Keiju OKADA / Jumpei HOKAZONO
77p
logo_small 7 IUSA 1
Stuart McNAY / David HUGHES
86p
logo_small 8 SWE 350 Carl-Fredrik FOCK / Marcus DACKHAMMAR
89p
logo_small 10 JPN 11 Kazuto Doi / Naoya KIMURA 91p


470 Womens Results

logo_small 1 JPN 1
Ai KONDO YOSHIDA / Miho YOSHIOKA
33p
logo_small 2 ESP 18
Silvia MAS DEPARES / Patricia CANTERO REINA
39p
logo_small 3 GBR 1
Hannah MILLS / Eilidh McINTYRE
41p
logo_small 4 FRA 9
Camille LECOINTRE / Aloise RETORNAZ
42p
logo_small 5 ESP 14
 / Sara LÓPEZ RAVETLLAT
67p
logo_small 6 CHN 621
Mengxi WEI / Haiyan GAO
69p
logo_small 7 ITA 74
Benedetta di SALLE / Alessandra DUBBINI
72p
logo_small 9 GRE 216 Maria BOZI / Rafallina KLONARIDOU 93p
logo_small 10 SLO 64 Tina MRAK / Veronika MACAROL 98p

*-partial inventory