HPRチャンピオンシップ2018関西シリーズ

By | 2018/05/10

31950378_628120820858556_5973699269876514816_o

5/3 から 5/6 にかけて『HPRチャンピオンシップ2018関西シリーズ』が関西ヨットクラブと JAPAN HPR CLUBの共同主催にて開催されました。

今大会は、シーボニアヨットクラブから 『Karasu』、『Esprit』の2艇を、ホームポートから『BlacK』、『SWING』、『SLAINTEMHATH』3艇が迎え撃つ形で開催されました。
レーティングは『SWING』だけが約40秒/時間、他4艇が約14秒/時間のほぼスクラッチ状態ですので、レーティングレースと言えど見ごたえ十分です。

大会初日は春の嵐の影響でレースが成立せず、大会2日目はレーティングで頭一つ飛び出る 『SWING』 が上マークをトップで回航すると、その後も有利にレースを展開し修正でも逃げ切り。2レースを1-1でまとめます。
大会3日目38マイルのディスタンスレースが行われ、不安定な風と強い潮流の中、順位の入れ替わりの激しいレースとなりましたが、残念ながら全艇タイムリミットで不成立となりました。
大会最終日は午後から南西の風が徐々に強まる中、全艇混戦状態で最終レグまでもつれましたが、『SWING』 が吹きあがった最後のダウンウィンドでフリートを引き離し3度目のトップ、2位に 『BlacK』、3位 『SLAINTEMHATH』 が続きました。
ここで更に風が吹きあがり、AP/Aが掲揚され大会終了となりました。
注目の新艇で、大きなミスなく纏め切った『SWING』が優勝、2位には最終レースでタイブレイクを制した『BlacK』、3位にはオールコリンシアンの『Esprit』が入りました。
上位入賞の皆様、おめでとうございます!

最終日動画+インタビュー by Daily Sailing Japan

31946810_628120540858584_3203294108093251584_o

イギリスで行われているFAST40+も世界的に注目を集めておりますが、それに続く大会が今回日本で開催された事は世界的にも大変注目されております。
また、8月に関東で開催予定の HPRチャンピオンシップ2018 関東シリーズでは、今回参加の5艇に合わせて、K36 Samuraiクラスが加わる事になり、40クラス、36クラス合計10艇の参加が見込まれており、更に注目を集める事間違いありません。

国内40クラス、36クラス 全ての艇に North Sails Japan の 3Di & Panel Sports をお選びいただいております。
イギリスのフリートでも全ての船にNorth Sails 3Di&Panel Sportsが選ばれており、North Sails Design Team のグローバルネットワークと、様々なレースボートの経験を積んだ North Sails Japan スタッフの経験を活かし、船のパフォーマンスアップをサポート致します。