トラピーズハーネスを着こなそう!!

By | 2017/12/19

新人クルーのみなさん

トラピーズちゃんとぶら下れてますか?
NORTH SAILSのハーネスには肩、腰、股、腿にそれぞれに調整ベルトがあります。
それらをただやみくもに引いてませんか?
トラピーズは体の軸とハーネスフックの位置関係がとても大事です。

毎回、フックの位置が同じになる様に気にしてますか?
ベルトを調節する順番は

例えば、へその位置が自分の軸だと思ったら、フックはもっと下になる様に股のベルトを調節しましょう。
実際にトラピーズするとどうしても各部緩んだ分でフックの位置が上にあがっててきてしまいます。
フルトラピーズになった時、軸の位置にフックがくる様に調整しておくことが大事です。
ハーネスバーの両側に通っている腰の太いベルトはハーネス本体に入っている両側のバテンに繋がっています。このバテンでバーのテンションを腰全体でホールドする事が出来、肩のベルトをあまり強く締めこまなくてもよく、上半身の動きを妨げません。
ハーネスバーの幅が広いのも腰全体でサポートする為です。
ハーネスバーはハーネスサイズに合う様にSサイズ用とM.Lサイズ用に長さを変えています。

次、海に出る時チョット気にしてみて下さい。今までよりも快適に?ぶら下れるかも。。

世界中の420,470セーラーだけではなく、立ち上がって動き回る49erセーラーにもNORTH SAILSのハーネス、ウケてます。
なんとNZLのRio金メダリストも前回のロンドンオリンピック前から愛用されてます。ご愛用ありがとうございます。

NZL_harness