OP級世界選手権代表選手決まる!

By | 2017/03/22

神奈川県江ノ島にて3/18から21の4日間に渡りOP級世界選手権、ヨーロッパ選手権、アジア選手権、北米選手権の代表選手を選ぶ、国内トップ40名による最終選考レースが行われました。

参加した選手が目標とするのは上位5名の世界選手権代表枠、選手たちはその先にある世界選手権を見据えながらこの日のために練習を重ねてきました。

DSC01263下記5名が世界選手権代表に内定した選手です。おめでとうございます!!!

1位 池田 海人
2位 嶋倉 照晃
3位 幸野 翔太
4位 重松 駿
5位 北原 頌子

上記5名は素晴らしいスコアで代表の座を獲得することができました。特に優勝した池田選手はカット後の平均スコア2.66点という圧倒的なスコアでした。軽風シリーズとなったこの大会でしかも体重の差が出やすいこのクラスで決して軽くない池田 選手が優勝できた背景には様々な要因が隠されていると思います。
池田選手は先日ボートショーの際行われたセール講習会の初日、学校が終わるとすぐに一人で講習会会場へ駆けつけ真剣なまなざしで講義を聞いていました。おじさんや大学生に混じってOPセーラーは彼一人、非常に印象深い瞬間でした。彼はこれまでの私たち主催の練習会に約2年間全日程参加しています。彼のセールの遍歴はP4、R1、R2、そしてこの大会はR4。私たちノースセールもきっとその要因の一部になれたと自負しています。

この大会、上位15名中13名がノースセールをチョイスしました。Rシリーズをリリースしてから世界中の多くの選手がそのポテンシャルに気付き始めています。今年の世界選手権では選手たちと共に優勝を目指していきます。

ノースセールではこのクラスのセール開発とセーラーの育成に多くの時間とコストをかけています。それはこのクラスから巣立つセーラーが必ず日本の将来セーリング界の中心になっていくことを信じ、より良いセーリング文化を築いていってくれることを願ってやまないからです。

レースレポート(BALKHEAD MAGAZINE)