Monthly Archives: 7月 2016

420世界選手権 ノースセール勝利!!!

7/15日から23日にかけてイタリア、サンレモにて420級世界選手権が開催されました。 世界中で多くのセーラーがノースセール製420セールをチョイスしこれまで非常に優秀な成績を収めてきました。

今年の世界選手権でもポルトガル代表ディアゴコスタ/ペドロコスタ組が見事優勝しノースセール製セールのポテンシャルを発揮しました。

昨年までノースセール製420セールは日本でデザインされ世界中のロフトで製造されてきました。その中でも横浜ロフト製セールは世界中のセーラーが欲しがる高いクオリティと均一性を有しており非常に人気がありました。実は今年から横浜ロフトが470に加え420クラスにおいてもデベロップメントセンターに指定され全世界に流通する420セールを一手に製造することになり、世界中の420セーラーに最高のデザイン、最高のクオリティ、最高のスピードをお届けする体制が整いました。

下記の3つグラフは今回参加した艇全てのセールシェアです。

一番下の大きなグラフはオープンクラス上位20艇のメインセールのセールシェアです。このことからもわかるように上位の選手はノースセール420セールチョイスしていることがわかります。

スクリーンショット 2016-07-27 17.56.42

2016全日本ミドルボート選手権

7月16日に新西宮ヨットハーバーで「2016全日本ミドルボート選手権」が開催されました。 国内で最も人気のあるミドルボートクラス、全日本の名を掛けて関東、東海、関西、九州から19艇のエントリーがありました。

大会初日は軽風のなか3レースが行われました。

2日目は午後から吹き出した南西寄りの風で2レース実施。ここまでのレースでは軽風から順風までを得意とする「AGNES」YAMAHA33S がトップに。2点差で「PROPAGANDA」A35 が続きます。

最終日は12ノット前後の好条件で2レースを実施。

総合 & Aクラス優勝は、得意の中強風で最終日に逆転を決めた「PROPAGANDA」A35 NorthSails 3Di使用

総合2位 & Bクラス優勝は「AGNES」YAMAHA33S NorthSails PanelGP使用(1部他社使用)

総合3位 & Bクラス2位は、後半の巻き返しで「WINDWARD V」FIRST 35 NorthSails 3Di使用 が入りました。

「Propaganda」は5月に行われた関東ミドルボート選手権も優勝しており、ミドルボート選手権を連覇しています。

2016年OP級世界選手権レポート

IMG_56816月25日から7月3日にかけてポルトガル、VilamouraにてOP級世界選手権が開催されました。15歳以下の世界チャンピオンを決めるこの大会、参加艇数は世界中から各国の予選を勝ち抜いた全255艇、近年ワンデザインクラスの世界選手権ではこのクラスの大会が最多のエントリーではないでしょうか。

 

 

日本からのエントリーは国内最終選考会を勝ち抜いた次の5人でした。IMG_5474
菅澤 龍佑(江の島ヨットクラブジュニア)R4使用
内貴航路朗(横浜市民ヨットハーバージュニアヨットクラブ)R4使用
抜井 理沙(兵庫ジュニア海洋クラブ)
前田 海陽(広島県セーリング連盟ジュニアクラブ)R4使用
服部 陸太(江の島ヨットクラブジュニア)R2使用

同時期に開催されていた470級ジュニア世界選手権では日本人チームが見事優勝、さらに3位を獲得しました。優勝艇のスキッパー岡田圭樹選手はP5を使用し2010年OP級世界選手権で日本人過去最高の3位を獲得した選手です。3位になった艇のスキッパーはユース世代の登竜門、昨年の420世界選手権で見事日本人として初優勝を飾った高山大地選手(ジュニア時代はP6使用)です。私たちノースセールジャパンはジュニア、ユース、シニアそれぞれの世代の選手たちに寄り添い共に頂点を目指してきました。

大会中盤予選シリーズが終わる頃、470級のこんな素晴らしいニュースが選手たちの耳に飛び込んできました。先輩の素晴らしい背中を見せつけられて選手たちも発奮していました。軽風シリーズとなり小柄な選手が活躍する中、大柄な選手が多い日本チームにとって苦しいゲームが続いていました。IMG_5526決勝に入って、ゴールドフリートで戦うノースR4を使用した菅澤龍佑選手は風速が14ノットまで上がった第8レースで5位を獲得します。翌日の第9レースではトップフィニッシュを飾りボートスピードの優位性とこれまでのトレーニングの成果を証明しました。ポルトガルの海に爪痕を残す事ができ総合18位入賞でメダルを獲得しました。(最終成績表)本人は上位入賞、願わくば優勝を目標に今大会に挑んでいたので悔しかったに違いありませんが、次の目標に向けてこれまで同様全力で進んでいってほしいと思います。日本から参加した他の4名も次のステップに進んでいくことでしょう。ノースセールジャパンはこれからもステップアップしていく選手たちに寄り添い共に頂点を目指し続けます